文字サイズ

ここでは LaTeX で文字サイズを変更するための方法を紹介します.


文字サイズを変更する

LaTeX で文字サイズを変更するためには,以下の 10 種類のコマンドを使用します.

コマンド サイズ 結果
\tiny 5pt {\tiny スヌーピー Snoopy}
\scriptsize 7pt {\scriptsize スヌーピー Snoopy}
\footnotesize 8pt {\footnotesize スヌーピー Snoopy}
\small 9pt {\small スヌーピー Snoopy}
\normalsize 10pt
(標準)
{\normalsize スヌーピー Snoopy}
\large 12pt {\large スヌーピー Snoopy}
\Large 14.4pt {\Large スヌーピー Snoopy}
\LARGE 17.28pt {\LARGE スヌーピー Snoopy}
\huge 20.74pt {\huge スヌーピー Snoopy}
\Huge 24.88pt {\Huge スヌーピー Snoopy}

これらのコマンドは {コマンド サイズを変更したい文字} の形式で記述します.

% 例
{\normalsize スヌーピー Snoopy}

文字サイズを細かく指定して変更する

LaTeX で文字サイズを細かく指定変更するためには,\fontsize コマンドを使用します.

LaTeXサンプル

\fontsize{6.5pt}{0pt}\selectfont
フォントサイズ:6.5pt 行送り:0pt

\fontsize{10pt}{20pt}\selectfont
フォントサイズ:10pt 行送り:20pt

\fontsize{15pt}{40pt}\selectfont
フォントサイズ:15pt 行送り:40pt

LaTeXサンプルの実行結果

fontsize

LaTeX使いの必読書

LaTeXでレポートや論文を書く際に読んだ本です.よかったら参考にしてみてください.

[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門

LaTeXの参考書としては最高の書籍です.
著者が日本におけるTeXの第一人者である奥村先生ということもあり,非常に信頼性と質が高く,LaTeXのノウハウが詰まっています.