図の基本

LaTeX の文章中に図を出力する方法はいくつかありますが,ここではEPS形式の図を出力する 方法を紹介します.


図を出力する (基本)

LaTeX で図を出力するには,graphicx パッケージの figure 環境と includegraphics コマンドを使用します.

基本形

% パッケージ
\usepackage[dviout]{graphicx}

\begin{figure}[位置指定]
  \includegraphics[オプション]{ファイル名}
\end{figure}

位置指定では,図の配置を以下のように指定できます.ちなみに位置指定は省略可能です.位置指定を省略した場合は LaTeX が自動的に判断して図を配置します.

位置指定意味
h記述した場所に表を出力
tページの上端に表を出力
bページの下端に表を出力
p表専用のページを用意して出力

※ 位置指定は複数指定可能です.例えば \begin{figure}{ht} のように指定すると,LaTeX はまず,記述した場所に表を出力できるかをチェックし,出力不可能であればページ上端への出力を試みます.

\includegraphics コマンドのオプションには出力する図のサイズなどを指定します.よく使用するオプションを以下に示します.

オプション意味
width
height高さ
scale拡大縮小率
angle回転角
clipはみ出しを切り取る

なおオプションはカンマ(,)で区切ることで複数指定することが可能です.

LaTeXサンプル

\begin{figure}[htbp]
  \includegraphics[clip,width=7.0cm]{./dede.eps}
\end{figure}

LaTeXサンプルの実行結果

図の出力

よくある書き方

図を出力するときには,以下のような記述をすることが多いです.

\begin{figure}[位置指定]
  \begin{center} %センタリングする
    \includegraphics[オプション]{ファイル名}
    \caption{タイトル名} %タイトルをつける
    \label{ラベル} %ラベルをつけ図の参照を可能にする
  \end{center}
\end{figure}

LaTeXサンプル

ハムスターを図\ref{fig:hamu}に示す.

\begin{figure}[htbp]
  \begin{center}
    \includegraphics[clip,width=7.0cm]{./dede.eps}
    \caption{ハムスター}
    \label{fig:hamu}
  \end{center}
\end{figure}

LaTeXサンプルの実行結果

図の出力その2

LaTeX使いの必読書

LaTeXでレポートや論文を書く際に読んだ本です.よかったら参考にしてみてください.

[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門

LaTeXの参考書としては最高の書籍です.
著者が日本におけるTeXの第一人者である奥村先生ということもあり,非常に信頼性と質が高く,LaTeXのノウハウが詰まっています.