場合分け

ここでは LaTeX で場合分けを出力する方法を紹介します. 場合分けを出力するには cases 環境を使用する方法と array 環境を使用する方法があります.
(ここで紹介するコマンドはすべて数式モードで使用可能なコマンドです.)


場合分け (cases 環境)

LaTeX で場合分けを記述するには amsmath パッケージの cases 環境を使用します.

LaTeXサンプル

% パッケージ
\usepackage{amsmath}

\[
  \begin{cases}
    case1 \\
    case2
  \end{cases}
\]

LaTeXサンプルの実行結果

場合分け

値と条件を分けて書く場合は & で値と条件を分割します.

LaTeXサンプル

% パッケージ
\usepackage{amsmath}

\[
  x^n = \begin{cases}
    1 & (n=0) \\
    x \cdot x^{n-1} & (otherwise)
  \end{cases}
\]

LaTeXサンプルの実行結果

場合分け

場合分け (array 環境)

amsmath パッケージを使用したくない場合は,array 環境を使用して場合分けを記述することもできます.例えばケースを 2 つに分ける場合は array 環境で 2 行 1 列の配列を作成します.

LaTeXサンプル

\[
  \left\{
    \begin{array}{l}
      case1 \\
      case2
    \end{array}
  \right.
\]

LaTeXサンプルの実行結果

場合分け

値と条件を分けて書く場合は N 行 2 列の配列を作成します.1 列目は値を,2 列目は条件を書きます.

LaTeXサンプル

\[
  x^n = \left\{ \begin{array}{ll}
    1 & (n=0) \\
    x \cdot x^{n-1} & (otherwise)
  \end{array} \right.
\]

LaTeXサンプルの実行結果

値と条件を分けて書く場合

LaTeX使いの必読書

LaTeXでレポートや論文を書く際に読んだ本です.よかったら参考にしてみてください.

[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門

LaTeXの参考書としては最高の書籍です.
著者が日本におけるTeXの第一人者である奥村先生ということもあり,非常に信頼性と質が高く,LaTeXのノウハウが詰まっています.