数式修飾

ここでは LaTeX で数式修飾記号を記述するための方法を紹介します.なお,ここで紹介する数式修飾記号は,すべて数式モードでのみ使用可能です.数式モード以外で使用できる修飾記号 (アクセント) は アクセント をご覧下さい.


アクセント一覧

LaTeX の数式に使用可能なアクセント一覧を以下に示します.

出力 コマンド 出力 コマンド
\hat \hat{x} \check \check{x}
\breve \breve{x} \acute \acute{x}
\grave \grave{x} \tilde \tilde{x}
\bar \bar{x} \vec \vec{x}
\dot \dot{x} \ddot \ddot{x}

数式修飾コマンド一覧

LaTeX で使用可能な数式を修飾するコマンドを以下に示します.

出力 コマンド
\overline \overline{x + y}
\underline \underline{x + y}
\widehat \widehat{xyz}
\widetilde \widetilde{xyz}
\overbrace01 \overbrace{x + y}
\underbrace01 \underbrace{x + y}
\overbrace02 \overbrace{a + \cdots + z}^{26}
\underbrace02 \underbrace{a + \cdots + z}_{26}
\overrightarrow01 \overrightarrow{AB}
\overleftarrow \overleftarrow{AB}

LaTeX使いの必読書

LaTeXでレポートや論文を書く際に読んだ本です.よかったら参考にしてみてください.

[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門

LaTeXの参考書としては最高の書籍です.
著者が日本におけるTeXの第一人者である奥村先生ということもあり,非常に信頼性と質が高く,LaTeXのノウハウが詰まっています.