複数行を枠で囲む

ここでは LaTeX の文章を枠で囲む方法を紹介します. 複数行を枠で囲むには ascmacパッケージで定義されている環境を使用します.


枠1 (itembox 環境)

itembox 環境を使用すると見出しつきの枠をつけることができます.

itembox 環境の書式

\begin{itembox}[位置指定]{見出し}
  ・・・
\end{itembox}

位置指定では,見出しの配置を以下のように指定できます.

位置指定意味
l左寄せ
cセンタリング
r右寄せ

LaTeXサンプル

% パッケージ
\usepackage{ascmac}

\begin{document}
  \begin{itembox}[l]{最大流最小切断定理}
    流れ$f$の総流量を$val(f)$,切断$K$の容量を$cap(K)$としたとき\\
    流れ$f$と切断$K$が$val(f) = cap(K)$を満たすならば,\\
    $f$は最大流であり,$K$は最小切断である.
  \end{itembox}
\end{document}

LaTeXサンプルの実行結果


枠2 (screen 環境)

screen 環境を使用すると見出しのない枠をつけることができます.

LaTeXサンプル

% パッケージ
\usepackage{ascmac}

\begin{document}
  \begin{screen}
    流れ$f$の総流量を$val(f)$,切断$K$の容量を$cap(K)$としたとき\\
    流れ$f$と切断$K$が$val(f) = cap(K)$を満たすならば,\\
    $f$は最大流であり,$K$は最小切断である.
  \end{screen}
\end{document}

LaTeXサンプルの実行結果


枠3 (boxnote 環境)

boxnote 環境を使用すると以下のような枠をつけることができます.

LaTeXサンプル

% パッケージ
\usepackage{ascmac}

\begin{document}
  \begin{boxnote}
    流れ$f$の総流量を$val(f)$,切断$K$の容量を$cap(K)$としたとき\\
    流れ$f$と切断$K$が$val(f) = cap(K)$を満たすならば,\\
    $f$は最大流であり,$K$は最小切断である.
  \end{boxnote}
\end{document}

LaTeXサンプルの実行結果


枠4 (shadebox 環境)

shadebox 環境を使用すると以下のような影付きの枠をつけることができます.

% パッケージ
\usepackage{ascmac}

\begin{document}
  \begin{shadebox}
    流れ$f$の総流量を$val(f)$,切断$K$の容量を$cap(K)$としたとき\\
    流れ$f$と切断$K$が$val(f) = cap(K)$を満たすならば,\\
    $f$は最大流であり,$K$は最小切断である.
  \end{shadebox}
\end{document}

LaTeXサンプルの実行結果

LaTeX使いの必読書

LaTeXでレポートや論文を書く際に読んだ本です.よかったら参考にしてみてください.

[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門

LaTeXの参考書としては最高の書籍です.
著者が日本におけるTeXの第一人者である奥村先生ということもあり,非常に信頼性と質が高く,LaTeXのノウハウが詰まっています.